上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バクテリアの添加剤は、各社から様々なタイプが発売されています。
一般に多いのは、液体タイプですね。
定評が有るのは、バイコムでしょうか。
二種類が、セット販売されています。
私も使ったことあります。1200OF水槽を立ち上げた際は
バイコムを使用しました。

昔から愛用しているのは、B4マリンです。
おがくずにバクテリアを活着させた感じの、ある種粉末状です。
乾燥粉末に、生きたバクテリアが付いているのか、疑問もあります。
でも、通常空気中に自然にいるバクテリアが、長い間水を回していると
バクテリアが、繁殖してくるのですからまんざら嘘ではないような
気がします。

実際B4と他のバクテリアを使った目に見えた違いは、B4は
海水の臭いが、海の磯の香りに変わることです。
他のバクテリアでは、この感触は体験できません。

大量に水替えしたときに使用しております。
バクテリア試薬なんか有りませんので、ほんとに目に見えて効果が
有るかと言えば、確信は持てません。

B4は、粉末状のため比較的長持ちします。
ふりかけの用に、水面にばらまくだけです。

難点は、高価なこと。5000円強します。
先週、カネダイの器材10%引きセールで買ってきました。
ほとんどのショップで値引き販売されていません。

でも楽天通販で破格の値段で販売されているのを見つけました。
今度こちらで、購入しようと思います。

http://www.rakuten.co.jp/ceppo/795628/799220/

B4

FC2ブログランキングに参加中!
是非一クリックにご協力お願いします!
スポンサーサイト
今日のお買い物は、ビタミンフォーミュラーです。
あとハタタテはぜ4匹。(ペア698円x2)
ハタタテハゼは、比較的丈夫で混永でも安心できます。
でも隠れてなかなか出てきてくれないのがネックです。

ビタミンフォーミュラーは、限定5個でしたが、売れ残っていました。
値段がセール品とはいえ1,000円ですから2割引き程度ですからね。

以下メーカページより効能
-----------------------------------------------------------------
ビタミンが生物にとって非常に重要なものであることはあまりにも有名です。本剤は人工海水では不足しがちなビタミンとアミノ酸を14種類も含んでいます。海水魚やエビ・カニなど、捕食性の動物はエサからビタミンを補給することができますが、サンゴなどは基本的に海水中から直接吸収しています。海水中のビタミンが不足すると様々な障害が起き、生体、特にサンゴ類は正常な成育が行なえなくなります。また、水中にビタミンが存在すると海水魚の食欲の増進や免疫力の向上、また肌荒れ防止、ケガの回復促進など様々な効果が得られ飼育を容易にしてくれます。

ビタミンフォーミュラー

FC2ブログランキングに参加中!
是非一クリックにご協力お願いします!
2006.11.24 テック・I
ケントマリンエキスパートシリーズです。

ヨウ素は生体の体の中で甲状腺に最も多く含まれ、代謝や成長を促す
ホルモンの成分として働いています。特に無脊椎の欠損部や溶けた
細胞の再生には無くてはならない成分です。テック・Iは、ヨウ素
イオン、ヨウ化カリウム、経時放出型ヨウ素の3種類の異なるヨウ素で
構成されているため水槽の中で約2週間ものあいだ有効性を発揮し、
再生、成長そして退色の防止にも重要な役割を果 たします。

価格は、470mlで2,400円程度です。


tec1

ケントマリンシリーズです。
無脊椎や海藻に必要不可欠な微量元素がバランスよく含まれています。

他のボトルでは補えないリチウム、バナジウム、スズ、セレン、ニッケルなどの欠くことのできない微量 成分を含有しています。成長、または生理作用に不可欠な成分が多く、ビタミンや他の微量 元素との相互作用によって、魚や無脊椎の状態を維持します。
コーラルバイテと併用することによりさらに効果を発揮すると言われています。

エッセンシャルエレメント

マーフィードから販売されているKENT MARINEシリーズです。

コーラルバイテは、珊瑚やイソギンチャクの成育に必要な各種ビタミン、
ミネラル、微量元素を豊富に含んだ添加剤です。
ビタミンのほとんどは体内で作り出すことができないため、意図的に添加することが必要です。
これらのビタミンを補給することで細菌に対する抵抗力、生殖能力、カルシウム吸収、治癒能力等の生理作用を高められ、より状態よく生体を維持できます。
人工海水の素には、これらの栄養素が多少含まれていますが、生体による
吸収や濾過、沈殿等により急速に水槽内から失われていきます。
定期的に添加することにより、失いがちなこれらこれら必要成分を
補給することが可能です。
人工海水のKENNTシーソルトには、これらが最初から入っているため
頻繁に水替えを行えば、あえて添加はしなくてもいいと思われます。
・成分 バリウム、ホウ素、臭素、カルシウム、コバルト、ヨウ素、
 鉄、リチウム、マグネシウム、マンガン、ボタシウム、ブリジウム、
 ストロンチウム、ビタミンA、C、D3、B1、B6、B12、E,K3、ナイアシン、
バントテン酸、葉酸、コリン、スピルナ。
・通常売価は、470mlで3,600円程度とやや割高な添加剤です。
 写真に掲載したコーラルバイテは、特売品で2,400円で購入
 したものです。
コーラルバイテ

マーフィードから販売されているKENT MARINEエキスパートシリーズです。

カルシウムバッファーシステムです。
カルシウムとバッファーの調整を行うシステムとして、カルシウムリアクター
が定番ですが、器材が高価なことやCO2過剰によりPH低下を引き起こすことから初心者には導入が難しい面があります。
リキッドリアクターは、添加するだけでカルシウムリアクターと同様の
効能があります。
ただしどうしても添加剤の宿命で、添加した時点では水質が急激に
変わる訳で、一時的にストレスががかかるのは避けられません。
安定的に水質を維持するためには、高価なカルシウムリアクターの
導入へと水質を極める方は、導入することになります。

この添加剤は、リーフタンクで特に重要なカルシウムとバッファー、
更にストロンチウムやマグネシウムまでも含有する全く新しい添加剤。
カルシウムやバッファー等の成分は生体に利用されるだけでなく、
プロテインスキマーや、 ろ過槽での消費など常に減少傾向にあります。
リキッドリアクターはカルシウム、バッファー、ストロンチウム、マグネシウムを水槽内に補給します。
・実売価格は、470mlで約3,300円で比較的高価です。

リキットリアクター

今回は、私の今使用している添加剤をまとめてまずご紹介します。

以下はケントマリンシリーズです。
左から、
テック・M(マグネシウムの補給)
エッセンシャルエレメント(微量成分の補給)
テック・I(ヨウソの維持)
リキッドリアクター(液体でカルシウムリアクターの効果)
コーラルバイテ(サンゴ用ビタミン補給)
添加剤1


両端は、上記と同じくケントマリンシリーズですが
ひだりから
ストロンチウム&モリブデン(カルシウムとの相乗効果でサンゴの骨格を形成)
ジクラウォーター(生命力のある水を生成)
コンビネーション2(アミノ酸+ビタミン添加剤)
マリンバッファー(PH&アルカリ度の上昇と安定化)
アイロン&マンガン(共生性海藻の成長を促進サンゴの発色を増強)
添加剤2

本日新しいカテゴリーとして「水質調整」を設けました。

毎日更新しているとネタもなくなりますので、テーマを設けて
そのことについてお話を広げて行こうかと思っています。

このテーマとして、海水用の添加剤。
皆さんいろいろな添加材をご使用かと思われますが
私の使用している添加剤をご紹介しつつ効能などを述べてみたいと
思います。

プロテインスキマー、濾過層、温度管理など順に
ご紹介して行こうかと思います。

今日は何かと忙しく更新が夜遅くになってしまいました。
子供が、10時までオンラインゲームで遊ばれると
パソコン占領されてつかえないもので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。