上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕方なくハードディスクの買い出しに、会社が入りにパソコンショップに
行ってきました。

久しぶりに行くとHD売場の様変わりにビックリです。
以前は、内蔵HD、外付けHDが山積みで陳列されていたのですが
あるのは、USB接続などの取り付け簡単の小型携帯型のHDの
オンパレードでした。

内蔵HDなどは皆無に近く値段も結構高い。
内蔵HDは、すっかりマニア向けになって市民権を失ったようです。

バルク品として内蔵HDが結構売っているのを見つけて買って来ました。
250Gで、9500円程度(HITACHI製?)でした。
秋葉原のパーツショップを徘徊すればもっと安く購入できるのでしょうが。

ATA133(7700回転)を買いましたが、今のHDはATA100
(5500回転)なので認識されるか心配。

週末に取り付け挑戦したいと思います。
スポンサーサイト
11/26の午後は、子どもとアクアステーションピュア主催の
キッズサークルに行って来ました。

以前も書きましたが、無料でショップが主催し小学生以下の子ども達に
お魚の講習会をやってくれます。

今回は、初の海水魚編。
講義のテーマは、タイトプールと死滅回遊魚。
講義の内容で私も知らなかったのは、回遊魚がくる近海で一番海水温が
高い季節は何月頃かということ。普通は7-8月と思いますよね。
意外や10月-11月なのだそうです。
8月頃の暖まった暖流が海流の関係で日本に到達するのがその頃なんだ
そうです。磯で熱帯魚捕まえるなら、人気もいなくなる秋口ですね。
講義は20分ほどで、終了し磯の生き物と手づかみで捕まえて遊ぶコーナー
が大人気。大きなポリ製の池州に砂をひいて、ライブロック、海草を入れて
磯の生物を放し、人工のタイトプールを再現して遊ぶというもの。
エビ、カニ、ヒトデ、ハゼ他多数いて子ども達は時間を忘れて遊んで
ました。私は、椅子に座ってお昼寝。我娘は、手がふやけてました(笑)。
その後突然のアイスの差し入れ、今日の誕生日の子がいて誕生日プレゼント
ピンポンパールプレゼントされていました。
なかなかASPは、アットホームなショップでいい感じです。

キッズクラブ会員カードを見せると全品1割引きになります。
海水魚の餌をまとめ買いしてきました。
残念ながら、キッズクラブは、先着40名で〆切になっております。
今日の買い物は、久々のフレームエンゼルです。限定特価購入価格1,580円。
通常売価は、3,980円~4,980円のお店が多いです。
大量入荷したときは、2,980円で販売されることも、珍しくは有りません。

小型ヤッコでは、一番人気ですよね。
ヤッコの種類は多いけど、これほど手頃に入手できる赤系のヤッコは
フレームを除いていないでしょう。

小型ヤッコの入門種と言えば、ルリヤッコ、エイブル、ナメラなどから
まず始めるのがお勧めです。やすいし丈夫だし、高い魚を購入して☆に
する前に試し買いしたほうがいいですね。

次に購入したくなるのが、フレームエンゼルとレモンピールと言った
ところの人気種でしょう。赤系のフレームとキイロでブルーのアイシャドーが
可愛いレモンは、小型ヤッコの代名詞と言ったところです。

一般的には、フレームの方がレモンより丈夫と言われていますが
我が家では、レモンの方が長生きしているようです。
水槽に入れる時の混永する魚の種類と順位にも影響されるかもしれませんが。

まずは餌付け水槽に入れて様子を見ます。
餌をあげたところ、食いつきはよかったので第一関門突破です。
パソコン環境が二世代前に戻った関係で、画像処理がかなり不可がかかえる
ため週末以外は、テキスト(文字)だけのUPになりそうですが
ご勘弁ください。
パソコン壊れた原因が、ほぼ特定できました。
原因は、HDのCドライブの一部不良。

Cドライブを初期化してWINのセットアップするしかなないと
思い何度かトライしてみましたが、破損領域に多分ファイルコピーが
できないようで、ファイルが一部コピーされません。
したがって正常インスツールできなくて、セットアップ不良の状態。

HD初期化したため今までの貴重なデータがすべて無くなってしまいました。
子どもの小さいときからのデジカメ写真やこれからの季節に活躍する
年賀状用の住所録データ。

皆さんバックアップは、必ずしておきましょう。
子どもが、オンラインゲームしてパソコンで遊んでいたら
突然パソコンが切れて、自動再起動がかかった。

その後一時立ち上がったがすぐ落ちてしまう。
その後立ちあげ不能に。

困りました。重要データがHDにいっぱい入っているから、どうしようっ!
手感じ。

今の書き込みは、その前に使用していたWin98のパソコン。
年代物でよく動いてるって感じ。すこぶる遅いです。
画像のUPは、パソコン復旧するまで難しい可もしれません。
2006.11.25 今日の買い物
今日も午前中は、ショップに買い物に行ってきました。

目玉のセールは無かったのですが、別のショップではメタハラが
5000円で当たるセールの順番待ちが昨夜から人が並んでいる
とのことでしたので、いつものASPに行って来ました。
待ち人数も少なく、整理券を配ってくれるので前日から並ぶ
必要が有りません。それほどの目玉も出ませんが。

とうことで、今日はサンゴは、マメスナ。魚はデバを購入しました。
マメスナは、海草に覆われて息絶え絶えですから元気な個体が
もう一つあってもいいかなと。綺麗とは言い難いが丈夫ですし。

デバは、現在5匹1200水槽にいますが、群を作るには
最低10匹くらいいたほうがいいですよね。
デバは、シックな色合いと安価でおとなしい魚ですから
最初に海水魚飼育を始める方の定番の魚です。

動きが早くて、写真がぶれていますがご容赦ください。
デバ2

これは、何でしょう?

今朝、撮影したものです。

プリズム


この現象は、冬場の日が低く差し込む用になると現れる現象です。
私の1200水槽は、窓際に置いてありますが、朝日が窓際から
水槽の側面に当たり、水槽内を通るときに屈折して、壁紙に当たります。
朝7時前から1時間ほど見られます。結構綺麗です。
  ↓久々に下手なお絵かきしてみました。
プリズム

2006.11.24 テック・I
ケントマリンエキスパートシリーズです。

ヨウ素は生体の体の中で甲状腺に最も多く含まれ、代謝や成長を促す
ホルモンの成分として働いています。特に無脊椎の欠損部や溶けた
細胞の再生には無くてはならない成分です。テック・Iは、ヨウ素
イオン、ヨウ化カリウム、経時放出型ヨウ素の3種類の異なるヨウ素で
構成されているため水槽の中で約2週間ものあいだ有効性を発揮し、
再生、成長そして退色の防止にも重要な役割を果 たします。

価格は、470mlで2,400円程度です。


tec1

ケントマリンシリーズです。
無脊椎や海藻に必要不可欠な微量元素がバランスよく含まれています。

他のボトルでは補えないリチウム、バナジウム、スズ、セレン、ニッケルなどの欠くことのできない微量 成分を含有しています。成長、または生理作用に不可欠な成分が多く、ビタミンや他の微量 元素との相互作用によって、魚や無脊椎の状態を維持します。
コーラルバイテと併用することによりさらに効果を発揮すると言われています。

エッセンシャルエレメント

マーフィードから販売されているKENT MARINEシリーズです。

コーラルバイテは、珊瑚やイソギンチャクの成育に必要な各種ビタミン、
ミネラル、微量元素を豊富に含んだ添加剤です。
ビタミンのほとんどは体内で作り出すことができないため、意図的に添加することが必要です。
これらのビタミンを補給することで細菌に対する抵抗力、生殖能力、カルシウム吸収、治癒能力等の生理作用を高められ、より状態よく生体を維持できます。
人工海水の素には、これらの栄養素が多少含まれていますが、生体による
吸収や濾過、沈殿等により急速に水槽内から失われていきます。
定期的に添加することにより、失いがちなこれらこれら必要成分を
補給することが可能です。
人工海水のKENNTシーソルトには、これらが最初から入っているため
頻繁に水替えを行えば、あえて添加はしなくてもいいと思われます。
・成分 バリウム、ホウ素、臭素、カルシウム、コバルト、ヨウ素、
 鉄、リチウム、マグネシウム、マンガン、ボタシウム、ブリジウム、
 ストロンチウム、ビタミンA、C、D3、B1、B6、B12、E,K3、ナイアシン、
バントテン酸、葉酸、コリン、スピルナ。
・通常売価は、470mlで3,600円程度とやや割高な添加剤です。
 写真に掲載したコーラルバイテは、特売品で2,400円で購入
 したものです。
コーラルバイテ

マーフィードから販売されているKENT MARINEエキスパートシリーズです。

カルシウムバッファーシステムです。
カルシウムとバッファーの調整を行うシステムとして、カルシウムリアクター
が定番ですが、器材が高価なことやCO2過剰によりPH低下を引き起こすことから初心者には導入が難しい面があります。
リキッドリアクターは、添加するだけでカルシウムリアクターと同様の
効能があります。
ただしどうしても添加剤の宿命で、添加した時点では水質が急激に
変わる訳で、一時的にストレスががかかるのは避けられません。
安定的に水質を維持するためには、高価なカルシウムリアクターの
導入へと水質を極める方は、導入することになります。

この添加剤は、リーフタンクで特に重要なカルシウムとバッファー、
更にストロンチウムやマグネシウムまでも含有する全く新しい添加剤。
カルシウムやバッファー等の成分は生体に利用されるだけでなく、
プロテインスキマーや、 ろ過槽での消費など常に減少傾向にあります。
リキッドリアクターはカルシウム、バッファー、ストロンチウム、マグネシウムを水槽内に補給します。
・実売価格は、470mlで約3,300円で比較的高価です。

リキットリアクター

今回は、私の今使用している添加剤をまとめてまずご紹介します。

以下はケントマリンシリーズです。
左から、
テック・M(マグネシウムの補給)
エッセンシャルエレメント(微量成分の補給)
テック・I(ヨウソの維持)
リキッドリアクター(液体でカルシウムリアクターの効果)
コーラルバイテ(サンゴ用ビタミン補給)
添加剤1


両端は、上記と同じくケントマリンシリーズですが
ひだりから
ストロンチウム&モリブデン(カルシウムとの相乗効果でサンゴの骨格を形成)
ジクラウォーター(生命力のある水を生成)
コンビネーション2(アミノ酸+ビタミン添加剤)
マリンバッファー(PH&アルカリ度の上昇と安定化)
アイロン&マンガン(共生性海藻の成長を促進サンゴの発色を増強)
添加剤2

本日新しいカテゴリーとして「水質調整」を設けました。

毎日更新しているとネタもなくなりますので、テーマを設けて
そのことについてお話を広げて行こうかと思っています。

このテーマとして、海水用の添加剤。
皆さんいろいろな添加材をご使用かと思われますが
私の使用している添加剤をご紹介しつつ効能などを述べてみたいと
思います。

プロテインスキマー、濾過層、温度管理など順に
ご紹介して行こうかと思います。

今日は何かと忙しく更新が夜遅くになってしまいました。
子供が、10時までオンラインゲームで遊ばれると
パソコン占領されてつかえないもので。
2006.11.20 海草が浸食中
ウミブドウ浸食


海草が最近自然増殖が著しくて、サンゴを浸食し始めて少し困っています。
水替えの時にむしり取ってまとめて邪魔にならない所に丸めています。
海草がサンゴに絡むと、サンゴが目に見えて弱ってきます。
なんの種類かわかりませんが、雑草のようにツル性の草のようです。
ウミブドウはまだいいのですが...
チョウジガイ科・ミズタマサンゴ属になります。
バブルコーラルの名前で販売されていることも多いです。
飼育に関しては、特に難しいこともなく、水質がよければ、
光は、さほど必要ありません。その替わり餌は週1回程度
与えないと次第に元気がなくなって行きます。
これはワゴンに若干難があると思われる物が出品されたときに
即買いしたものですが、元気なふっくらとしたバブルがふくらみません。
光の強い昼間は風船のようなふっくらとしたバブルが
たくさんでてふくらみますが、夜暗くなると袋は縮み細い触手を
出して餌を触手でつかんで食べます。
もう少し餌やりをこまめにやってみようと思いますが、
無精なもので、光で育つ珊瑚が電気代はかかりますが楽賃ですね。

バブルコーラル

シャコ貝を三つに増やしたらどうも位置が定まらず落っこちちゃいます。
どうもいごごちが悪いらしくぱくぱくと動くからでしょうか?
珊瑚と違い動くのでいてほしいところに固定して置いても
落っこちてしまいます。安定した土台を組まないとならないかも
しれませんね。
とりあえずまた場所をずらして置いてみました。
シャコ貝4


昨日追加した1個の開きもよくなりぷっくらと開いてきました。
ブルーの色も出てきました。
シャコ貝

今日は、またシャコ貝を購入。
先週二個購入したので、いいのですが私のよく行くショップの
アクアステーションピュア(ASP)でシャコ貝限定5個1000円
につられて行ってみることにしました。ASPは、抽選で購入できるか
決まりますので運がよければ購入できますが、はずれれば無駄足に
なります。10時前に到着し6番目。限定五個ですから一人購入できないことになりますが、運良くぎりぎり抽選で5番目になりましたので
かろうじて購入圏内です。
ASPは比較的いい生体をセールに出すのですが今回は、並のシャコ貝でした。
通常売価は、3,500円でしたので
かなりお得と言えばお得。私は、シャコ貝は2,000円程度と思って
いましたが、結構するものですね。通常売価ではなかなか懐寂しくて
購入できません。
シャコ貝は、色具合で値段は大きく異なります。
珍しい色彩や、綺麗なもの、ブルー一色で混じりけがないもの
などは6千円~8千円くらいはするもです。

今回のはやや青みは強いのですが並ですので先週購入した730円
よりややましか程度。水槽内の光が強く当たる場所に置くスペースが
限られるため少しレイアウトを変更しました。
シャコガイ類は外套膜に共生藻を持ち、褐虫藻の光合成が宿主の栄養供給に貢献している為強い光があれば餌は不要な訳です。

右下の個体が今回購入したやつです。
シャコ貝3


今日はたまたま別件で、カメラを持参してショップに行きましたので
ASPの全景を写真に納めて来ました。
屋上に大きな看板があり、ビルの回りにのぼりがたくさんたって
います。ビル自体は殺風景なビルですが2階が海水魚、3階が淡水
1階がストックルームになっています。
今週社長とストックルーム担当社員が宮古島に生体の仕込みに行った
らしく珊瑚の自然での生育条件について考え方を改めることも
多く大変勉強になったととうとうと話していました。
沖縄では、ハードコーラルは採取禁止で、ソフトコーラルは
条件付きで採取可能とのこと。来週あたり取得した生体が
店頭に並ぶのではないかと思われます。
お店の写真を公開。

asp

私の日常使用している便利な水差しを初公開、お披露目します。

この水差しは、海水が蒸発して足し水するときにいつも使用しています。

また水替えの時にもよく利用します。
容量はちょうど2Lで手頃なサイズで目盛りもついております。
とってもついていて持ちやすく、水を満杯に入れたとしてもこぼれにくく
満杯にして水差ししてもつたうこともありません。
購入価格もとてもお値打ち。
ホームセンターやカーショップにはたいてい置いて有りますので
探し回る必要もなく全国容易に購入できます。

自動車用のオイルなどを交換するときに使用するものですが
個人的にとても重宝しますので、だまされたと思って
お一つ用意してみたらいかがでしょうか?

昔、どこかのHPで見かけてこりゃ便利そうとここ何年も
使っています。

写真に撮りましたが、メタハラ光がブルーに反射し
少しおしゃれな色に見えますが、実際は無骨な白ですので
あしからず。

水差し

2006.11.16 海水魚の餌
海水魚の餌は、何をお使いでしょうか。
私は、乾燥餌をメインに朝晩の一日2回あげております。

メインは、オーシャンニュートリションのフォーミュラー1の
フレークと粒Mサイズです。
このメーカーは元々は冷凍餌のメーカーで餌の品質はかなり自信
をもっているそうです。フレークは、餌を始めて開封したときに
その形状にびっくりされます。1枚当たりのフレークの大きさが
とてつもなく大きいのです。ふたの直径くらいあります。
魚の大きさに自分で砕いて与えることを想定して入っていると思われ
ます。それ故、砕くと容量はケースの半分くらいの量になります。
すぐなくなってしまいます。値段はフレークで800円程度。
粒の方は、開封すると中に密閉された立派な袋が入っており
袋から開けるとまた容器の半分くらいの量になります。
でも粒の方が長持ちするみたいです。粒の方が重さがあるようで
値段も1,200円ほどします。

安価な餌では、オメガワンのマリンフード。
ぎっしり詰まっています。値段も500円程度で長持ちします。
でも唐揚げのようで餌に高級感がなくいかにも安そうな餌ですが
食いつきも栄養も良さそうで、魚粉は使用していないので
水も汚れません。

レッドシーのマリングローは、ふたなしのプッシュ式で餌やりが
できてとっても便利です。長持ちするし、海藻とスピルナ入りで
革新的らしいです。

後はクリルを砕いておやつ代わりに与えています。
餌

ハードチュウブは、よくゴカイの仲間と言われています。
チューブの中よりお花が咲くように綺麗です。
特に赤色はレッドと言われ特に人気があります。

とても丈夫な品種で、よほど水質が悪くない限り長期飼育が可能です。
急激な水質悪化などにより体調を崩すと、自らお花の部分を切り落とす
と言われます。

体調回復すれば、また花のよう触手を出して来ますので
だめだと思っても、3ヶ月くらいは様子を見てください。

ハードチューブは比較的高価ですが、ケヤリは安価に購入できますので
最初はケヤリもいいかと思います。インドケヤリは大型のお花を
開きますので、迫力もあります。ただケヤリは土台付きの個体が
ほとんどないためレイアウトは工夫がいるかもしれません。

ケヤリの最高峰は、ホンケヤリツートンです。
ショップでは結構なお値段で販売されています。
とても人気があり綺麗です。昔購入したことがありましたが
飼育も容易ですよ。いつかホンケヤリツートンもまた飼育してみたい
と思います。
hardtubred

今日会社から帰って、珊瑚水槽を見ると、ウミキノコが
ナガレハナ珊瑚の中に陥没。
ウミキノコのレイアウトが崩れて、真っ逆さまに頭からつっこんでいました。
まずいですね。ナガレハナ珊瑚は、他の珊瑚を攻撃する毒性を持っています
ので接触は禁物です。いわばイソギンチャクのようなもの。
急いで取り出しましたが、半分白くなっていました。
写真を撮ったらみんなピンぼけで掲載できません。

ディスクコーラルに何か得たいのしれない生き物を発見。
これも珊瑚?あまり見たことの内ヤツです。なんでしょう?
ご存じの方教えてください。

disk+


今日も元気な、730円のシャコ貝。
シャコ貝2



ブログランキング最高位2位。皆さんに感謝。ぷっちと右上よろしく。
たらふくさんはダントツの一位なので、追いつこうなんてさらさら
考えていませんよ。
rank2

メタハラ替えたら珊瑚の色彩がとてもよくなりました。

ナガレハナは、メタリック調の色彩がでて神秘的な感じがします。

スターポリプは、ポリプがひもの用にふさふさしてたなびき
別の珊瑚のようです。

ナガレハナ

スターポリプ

2006.11.13 今日の出来事
会社から帰って自室に入ったら、部屋が真っ暗。
いつもは、45センチクマノミペア水槽のライトがついているはずなのに。
それも昨日は70Wメタハラに交換したばかりなのに、なぜ?
ライトばかりか水槽の電気系統がみんな切れているではないか。
ヒーターから外部濾過からスキマーまでみんな止まっている。

確認したところコンセントのタップの主電源が切れている。
参った。主電源を入れたらすべて電気系統が稼働。
水槽内のゴミが舞い上がりながら稼働しました。
水温は20度まで下がっていました。サーモの温度を22度まで
あげて急激な温度変化は避けて、明日まで様子を見ることにしました。
真冬でなくてよかった。リビングと違って私の部屋は寒いですから。
北向きで。

ライブロックをくみ直した1200OF水槽の全景を
ご披露します。
右側のライブロックが高さ50センチ程まで組み上がっています。
水槽の照明は、90㎝水槽用の蛍光灯(2灯)がのっかています。
それと併用して、スーパークールがハタゴ用に午後4時から10時まで
点灯してます。
最近は冬型の気圧配置で湿度が30%位の日が
続き水の蒸発がかなりあります。毎日足し水が欠かせません。

1200OF1112

珊瑚水槽で今まで使用していたサンライト70Wメタハラを、
スーパークール150Wに交換しました。
もう少し早めに交換した方がよかったのですが、それでも珊瑚の
生育は、強力な光が不要な品種を中心に集めていたため問題が
生じませんでした。

でも今回、シャコ貝を購入したのを機会に長らく保管していた
スーパークールに交換した次第です。900の水槽にサンライト70W
では、あまりに非力ですよね。

サンライトの取り付けていたアームをそのまま利用してスーパークール
を取り付けて見ました。スーパークールは、メタハラの中ではもっとも
軽量な部類になりますので、取り回しは取っても楽ですね。

ランプの種類は、マリンブルーです。マリンブルーが一番光の構成
が太陽に近く幅広い光の成分で成り立っているため生体には
一番いいと個人的には思っています。
珊瑚の色合い等を気にする方は、ディープブルーなどを
使用する方も多いですよね。

珊瑚の輝き・色彩が今までよりかなりよくなったと思われます。


珊瑚水槽メタハラ


今まで使用していたサンライト70Wアクア球付は、クマノミペア水槽
に取り付けました。45センチ水槽で70Wありますから十分強力です。
今まで蛍光灯でやっていましたので、イソギンチャクがかなり小さく
なっていましたが、これでまた元気に復活大きくなってくれることと
思います。この水槽は水がかなり黄ばんでおりまして、メタハラの
光が白熱用のように黄ばんで見えます。今までは青色蛍光灯を
使用していたため気になりませんでしたが。

クマノミペア

今日は、いつもはセールに行かないショップですがシャコ貝が安い
というので早速買い出しに出かけました。安いと聞くとすぐ買いたく
なる性分なもので。

シャコ貝1個730円一人二個まで、限定30個。
あまりいい色のシャコ貝はありませんでしたが、値段が値段ですから..
大きさはまずまずの大きさです。なかなか今まで長期飼育できなかった
のですが。今回は珊瑚単独水槽にしてから初の挑戦です。

今度は、魚につつかれて餌にされることもないと思います。

シャコ貝は、光が重要です。
餌は特に必要はありませんが、光が強ければシャコ貝の中の藻が
が栄養源になります。

同時に写真に写っているのは、3週間目に購入した「チジミトサカパープル」
です。パープル色がまだ出てませんが....(安物だったからかな?)


シャコ貝

以前ウミブドウが自然繁殖したのをご紹介しました。

これはマメスナについてきたものと思われますが
ますます順調に成長しております。
マメスナが覆われて、見えないほどになりましたが
マメスナの元気がなくなって来ました、まずいですね。

写真のアングルがいまいちなのですがお披露目。

ウミブドウ

ヒーターの話題をもう一つ。

通常はセラミックヒーターをお使いと思いますが1000円程度で
お得ですよね。消耗品として2年程度は持ちますね。

ではヒーターの最高峰は何でしょう??
答えはチタンヒーターです。
腐食もなく高出力です。最低300Wから発売されています。
でも500W~1KWを使用する方が多いと思います。
それ以上のもありますが、200V仕様になるのが普通です。

半永久的に使用できるという人もいましたがそれは言い過ぎのような
きもがしますけど。

以下のHPに各社から発売されているチタンヒーターが
掲載されています。

http://www.rva.jp/shop/reisea/r15.htm

本日オークションで新品未使用の長期保管品の500Wチタンヒーター
が落札されていましたが、12,000円ほどの価格になっていました。
私は、7,500円で入札しましたがあっけなく超えられました。
これだけ出すなら、通常のヒーターを定期的に交換した方が
いい気もしますね。
ヒーターの使用に関して皆さんはどのような点を注意しているでしょうか?

1.使用期間
ヒーターは消耗品です。特に海水に使用の場合は、淡水使用に比較して
寿命は半分くらいになると言われています。
したがって、ヒーターが必要ない(クーラーが必要な)夏場は取り出して
水洗いして保管するのが、長く使う秘訣といえます。

2.使用本数
実質1本入っていれば、効果は十分ですがどうでしょう?
ヒーターは、消耗品ですから、電球と同じで長期使用すればいつかは
切れてしまいます。真冬の暖房の内部屋では、切れればあっという間に
10度近くまで、水温が下がり生体は☆になることでしょう。
それを防止するためには、ヒーターは2本設置が安全です。
すなわち300W1本より、150W2本を設置するべきです。
効率はほぼ同じで、万が一1本が故障してももう1本が稼働していれば
生体が持ちこたえる程度の温度低下でとどまり、飼育者も
温度低下に気がつくことでしょう。

3.ヒーターの選定
いろいろ安価な物から高価な物まで販売されています。
私が、勧めるのは、点灯するとヒーターに点灯窓があり光って通電を
知らせるタイプです。点灯窓がないと、一見して通電しているのかどうか
見た目ですぐにわかりません。
サーモの通電ランプがついていてもヒーターが切れていれば何にも
なりませんから。
忘れた頃にヒーターの事故は起こるものです。
海水の場合は、淡水より温度は低めのためオートヒーターは
お勧めできません。オートヒーターは26度設定のものが大半ですから。
冬場は、サーモで24度前後に設定しておきましょう。
海水の場合は、クーラーを使用しているケースが多いと思いますが
クーラーにはサーモスタットが内蔵されていて、ヒーターの
電源プラグがついているものが多くあります。私の使用している
ゼンスイのクーラーにコンセントがついていますので、ヒーターはの
1本はクーラーから取っています。
これで温度上昇すれば、クーラーが働き、下がればヒーターに通電し
保温されますので、部屋の温度変化の差が出るこれからの季節は
ベストです。
今晩当たりから急に冷え込んできましたね。
天気予報を見たら、さいたまも明日朝の最低気温は7度まで
下がるそうな。

今まで1200OF水槽はヒーターなしで様子を見てきました。
昨夜早朝は水温が24.3度まで下がったようです。
日中は、25.1まで上がってました。温度変化もよくないし
明日はかなり冷え込むことから、ようやくヒーター300Wを
サンプに入れました。電源は、クーラーから取っており設定温度は
昨日の水替えから24.5度まで下げて設定しております。

これからは、クーラーに変わってヒーターが活躍する季節に
なりそうですね。
今まで使用していた二口付きのエアポンプ3個が寿命が来たようで
エアの吹き出しがかなり弱くなっていました。

いつか使おうと思って長期保管していたブロアエアポンプに
交換しました。40L/分の容量です。

この大型ブロアは、一般には下水設備が完備されていない地区で
浄化槽のバクテリア活性化のためにエアレーションするために
使用されるためのものです。
新品はそこそこの値段はしますが、オークション等で中古が
多数出品されております。私も中古を3年ほど前に落札して
保管しておりました。

でもこのままでは、熱帯魚水槽ようにつかえません。
エアチューブをつなぐ差し込み口が必要です。
エンビ管で自作可能ですが、ブロアを落札したときに
出品者がとても綺麗で機能的な構造の物をつけてくれました。
1辺に3個差し込み口がありますので合計9口取れます。
まだ3口空きがあります。

つけたところかなり強力です。
やや強すぎかな?という感じですが。
エアは、二台ある淡水の1200および900水槽につないで
おります。
airpomp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。