上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜に、ホンソメワケベラを買ってきました。
この魚は、クリーニングフィッシュとしてあまりに有名。
観賞用と言うより魚のクリーニング用に私も買いました。
以前購入したホンソメは、結構長生きしたのですが、その後
何度買っても短命です。
今回は、いかがでしょう。
通常600円程度で購入出来る安価な品種ですが
私は、198円で購入。
カージナル1匹買い程度の値段でしょうか。

こいつは、とにかくすばしっこい。
クリーニング中を除き、明るいうちはじっとしてない。
だから写真はホントに撮りにくい。

満足行く写真は撮れなかったがまあこんなモノだ
20110530honnsome3.jpg
20110530honnsome35.jpg
20110530honnsome2.jpg
20110530honnsome1.jpg
スポンサーサイト
今日のショップでのお目当ての買い物は、ナガレハナサンゴ ブランチ。
ナガレハナの限定セールは、いつもショボイので写真は割愛。でも980円。
抽選会に出席するために、2000以上買わないと出席出来ないことになったので
知ったか698円5匹とあってもかまわない人工海水を購入しました。

人工海水はテトラマリンソルトプロ50Lです。
通常売価は、1050円。でも先日の限定セール欠品のため引換券あったので498円です。
抽選会のお目当てはクーラーでしたが、見事外れて末当のこれまた人工海水。
シーライフ50L1180円が当たり特価100円です!

50Lは小型水槽で海水やっている人が買うんでしょうね。
45センチ程度で、毎週10Lくらいの交換でしょうか?
私は、毎週サンゴ水槽は、50L交換してますので、さすがにこのサイズの
人工海水を通常買うことはありません。
シーライフ500Lが、通常ショップでは、4160円で販売されてます。
これって50Lの小分けで買ったら11,800円になるんですね。
優に倍以上の金額に。
でも小型水槽の方は、500Lはかなりもてあます量か。
やっぱり50Lは、通常売価では買えません。

Itetramarinsalt.jpg
sealife.jpg
長らく使っていたカメラを買い換えました。
一眼を使用してましたが、2004年モデル。
オリンパスのE-300というオリンパスが万を期して市場に投入した一眼デジカメでした。
さすがに見た目も、単純撮影には問題がありませんが、水槽の中の動きのあるAFが
とても合いにくい特殊環境では、ろくな写真が撮れませんでした。
ぶれるし、ピント合わないし。
今度購入したのは、キヤノンEOS 60Dです。
昨年モデルで値段もかなりこなれてきました。
最初は、キヤノンと言えば、EOS KISSがあまりに有名。
ちょうど今年の新型モデルKISS X5が発売されたばかり。
でも発売当初は、KISSの上位モデルの60Dの方が安く値段の逆転現象がおきていたのです。
入門機のKISSよりもう少し専門的な写真を撮りたい層を狙った戦略モデルです。
でも中級機は、7Dがありますので機能的には中途半端な位置づけで玄人向けではありません。
さっそく、今日は試し撮りしてみました。

動きが速くてなかなか今まで綺麗にとれませんでした。
20110503スミレ

正面からもピントぴったし。いい顔してます。
20110503スミレ2

スカンクシュリンプの触覚を食べているような写真。
20110503スミレ3

クマノミとのコラボレーションも見事に浮き上がったように撮れました。
20110503クマノミロイヤルグラマ2_0031


なかなかこのようなショットは撮れませんでした。
20110503クマノミロイヤルグラマ_0031


何でもないスカンクシュリンプの写真だけど私はこれが一番気に入りました。
20110503スカンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。