FC2ブログ
今日は海水魚水槽のご紹介。

あまり主役にならない品種ですが、結構長いこと生き延びています。
思えばホントに小さめの個体でしたが、ASPで198円で購入した個体。
今では、ほぼ最大サイズにまで成長したのでないかと思います。
アケボノチョウチョウウオですが、雑食性で餌付きやすくとても丈夫なチョウチョウウオ。
チョウチョウウオを最初に始める初心者にお奨めです。
akebono

いつの間にかいなくなったフレームエンゼル。
先週久々に購入してきました。限定特価の980円。
水あわせは慎重に何時間もかけて行いましたが、そのまま魚水槽にドボン。
えずいていたようで、大丈夫かと思っていたら、いきなりチュルブから先制攻撃。
これにたまらずライブロックに隠れ込みました。
このまま、2,3日姿を現しませんでした。
でも今はなじんだようで、餌にも食いついてくるようになったとの難所の峠は越えた感じです。
小型ヤッコの代名詞、値段も比較的お手頃で真っ赤の人気の海水魚を始めた人は、絶対一度は
購入する人気のヤッコですね。写真もばっちり撮れました。
fure-m.jpg

我が水槽にいるもう一匹のチョウチョウウオ。たぶんチョウチョウはこれ以上購入することはないと
思いますが、昔からいつかは飼育したかったゴールデンバタフライ略してGBです。
紅海の固有種で遠方のせいか昔は、高級魚としてあこがれの魚でなかなか購入出来なかった品種です。
このGBは、6,980円と4,980円の二匹購入した生き残った1匹です。
雑食性で飼育しやすいと図鑑には紹介されていますが、どうしてそう簡単ではありません。
ブラインでしっかり餌づかせて、1ヶ月水槽の環境にいかになじませるか。
なじんでしまえば丈夫です。まだ小ぶりですが、大事に育てたい個体です。
GB.jpg
GB2.jpg

次はヒレナガハギ。
安価に販売されていますが、これはASPで380円程で小粒の個体を購入したものですが
成長も早く今では、先住の大型ヤッコに迫る大きさに成長してきました。
結構大きくなる種なので、購入するときは小さくても小型水槽では飼育は難しいので
注意が必要。また成長もはやい。興奮するとひれをたててさらに大きく縦長に広がるので
迫力もある。性格もきつくなく餌付きもいいので育てやすいハギかと思います。
hienaga.jpg

もう1匹いるハギは、我が家水槽の最長老のナンヨウハギ。
もう10年近く前に680円ほどの小さめの個体を購入したものだが、幾たびかの水槽の崩壊を乗り越え
乗り越え今に至っています。サイズも今の魚水槽の最大サイズです。
とても丈夫で悪戯っ子。水槽の下に沈んだ貝殻などを口でつまんで、持ち上げ上から落として
遊ぶ姿がやんちゃでほほえましい。
でも、顔はおじいちゃんになってきました。
ナナニョウハギ

おまけでまたハタゴの紹介。
ハタゴは、購入したときの状態に大きく左右されます。
やはり状態のいい近海の沖縄産を購入するのが、成功の秘訣です。
ベトナム産は最初はよくても、すぐに元気がなくなり☆になってしまいました。
このハタゴもすでに5年以上になります。
LRDスポットで飼育中。餌は、水替えの時に甘エビをあげるだけです。
hatago

最後に水槽の全景をご披露して今日は終わりにします。
水槽全景
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://jl7aqz.blog60.fc2.com/tb.php/438-7e240783