FC2ブログ
皆さんは、どのように海水魚&魚水槽をお楽しみでしょうか?
当初は、魚水槽から始め、サンゴも入れたいなと思い始め
サンゴと魚が共存する水槽ができあがって来るといのが一般的でしょうか。

私もそうでした。
しかしながら、最初はうまくいってていても、なぜかサンゴの長期飼育
がうまくいかなくなっていきます。
私はヤッコをメインに買っていましたが、サンゴをつつく魚が出てきます。
特にレモンピールには参りました。オオバナサンゴが大好物なのです。

魚水槽ですと、どうしても餌やりと魚の排出物による水質悪化が伴います。
悪化と行っても通常濾過がうまく機能していれば悪化とまでは行かず
硝酸塩の増加といった方が適切ですね。それを防止のために
こまめに水替えとまります。

硝酸塩濃度の上昇は、一般に魚には問題が少ないのですが
サンゴは、敏感ですから次第に弱って来ます。
老廃物と残り餌の腐敗は、できればサンゴ水槽では避けたいものです。

そこで簡単に防止する方法が、魚水槽とサンゴ水槽の分離に
長らく飼育しているとたどりつきます。

基本的な管理方法が異なりますので、分離すると日頃のメンテが
とても楽になります。サンゴ用にメタハラも集中して照らすことも
できて効率的です。プロテインスキマーもサンゴ水槽の容量だけ
考えて設置すればいいですし。
今、はやりのベルリン方式も可能です。

問題点は、必然的に水槽が二つは必要になりますので設置スペースと
設備投資が掛かりますのでコストがかかることになります。

どこまでやるかは、設置スペースとコストと家族の理解の
兼ね合いで考えて行きましょう。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://jl7aqz.blog60.fc2.com/tb.php/47-3bc5411f