FC2ブログ
今日、会社から家に帰って見るとクーラーの水揚げを行っているポンプ
(1250)がなにやらからから音をたてていいた。調子が悪そうだなとそのときは思った。その後しばらくして水槽を見るとクーラーからの
排水が止まっている(;_;)。
こりゃまずい!でもここであわててもしょうがない。
排水ホースを水槽からはずして床においたバケツにつっこむ。
通常、水槽より床が低いことから、自然と水がバケツに流れ込むはず。
ところが、ちょろちょろしか出てこない。詰まっている。
どこが、詰まっているか。殺菌灯をはずす。殺菌灯の通水は、OK。
ホースを口で吸ってみる。水がなかなか出てこない。抵抗あり。
そのまましばらくバケツにホースをつっこんでおく。すると水槽の
そこ砂が、バケツに出てきた。給水ホースの先端にゴミ取り用のスポンジをつけていなかったのが失敗。底砂を吸い込んで、ポンプのインペラー部分でつまりポンプが停止していたものと判明。ポンプは熱くなり
停止してしまった。
以前使っていた1250(以前水漏れを起こしたがOリング交換しておいたはず)を取り出し交換。
水温を見ると、28.9度まで上昇していた(@_@)。
この水槽は、珊瑚水槽の為、水温は25度に設定していたもの。
限界温度を超えていた。給水ホースの先端にスポンジつけてポンプ
電源ON.順調に水温が低下し始めた。しかし一挙に25度まで下げるとかなり急激な温度変化となる。まずは27.5度に設定して様子をみることにした。今現在27.5度まで下がった。約45分で1.5度
さっがたことになる。
珊瑚水槽は900標準水槽、クーラーはゼンスイZC500。
あすまた温度を1度くらい下げることにしよう。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://jl7aqz.blog60.fc2.com/tb.php/5-afbec003